Ladies of Voice

先週土曜日  Ladies of Voice のライブでがあり、ピアノのサポートをしました。
メンバーは、ハーモニースクエア Touch of JazzのVocalの生徒4人です。
年に一度の講座主催の発表会で2曲ほど歌うことに物足りなさを感じて来たこと、
もっと自分たち流に自由なステージにチャレンジしたいなど、

選曲なども入れで半年くらい準備したでしょうか。最終的には、4人それぞれのお客様に個性の違う歌を聞いていただき、大盛況なライブでした。
普段あまり音楽に関わっていない方も友人の熱唱ぶりに心動かされたのでは。1st ライブということはか、2ndライブに続くと言うことです、ね。
また新たな企画など考えながら、濃く深いライブを目指してください、どこまでもサポートしますからね???
狩野さんの書いてくれた全員の似顔絵はよく特徴を捉えていて素晴らしかった ?

2019年 Touch of Jazz発表会


10月5日.ハーモニースクエアTouch of Jazz 講座の発表会がありました。
昨年と同じ、東京倶楽部目黒店で行いました。
1年の練習の成果を練習仲間や観客の方々に聞いていただく貴重なチャンスです。
仕事や私生活で忙しい日々、時間を作って練習を積み重ねて迎える発表会、
どの人にもその意気込みが感じられました。
発表会を始めた頃には、"プロのトリオにサポートされています"ということが、トリオとともに、一緒に音楽を作りあげていますという境地に近づいてきている人も。バックの演奏者からは、その準備できてるよ、のメッセージもいろいろなところから感じられます。
今回は、母体のタイムランドとの関係で、Jazz Vocalist の阿川泰子さんが、私たちの発表会へ来てくださいました。とても気さくにコメントを述べてくださいました。一人一人の一生懸命さが伝わったことや、並木理恵子さんが歌った、So many starsに好評をくださました。
またこれからの意欲を駆り立ててくださいました。
Jazzそしてアンサンブルの奥深さを感じた発表会となりました。

8月15日

終戦74年目です。
戦争体験者から直接生の声を聞く機会もだんだん少なくなることを実感しました。
戦争のない平和な世界の実現は本当に難しいと思いますが、一人一人がしっかりと心に願うことが大切に思います。
今日私は、一日を自由に使ってよろしい!と自分に良い聞かせ、スタートしました。
カーメンマクレェのCarmen sings MonkをSetして、まず気になっていたリビングの掃除と窓拭きをし、絵画を交換し、ビールとグリーンカレーで遅いランチをしました。はー、やはり掃除は基本。
気分良く半日終わりましたが、残りの半分は、好きな映画観賞でもしようかな。 のんびり気ままな一日です。父の入院中というのに、だからなおさら。
…窓拭きをした途端、大雨にやられました。

久しぶりのセッション会

8日11日 の午後、東京倶楽部目黒店で、セッションホストをしました。
ボーカリスト、ピアニスト、サックス奏者合わせて程よい人数(14人くらい)で、あっという間に3時間半が過ぎました。
ボーカルとピアノの生徒が多数来てくれ、10月の発表会の準備としては良い機会になりました。
都内でもたくさんのライブハウスで、セッション会が催されていますが、
そのくらいジャズ愛好家がいると言うことですね。私にとって、生徒にとって、とても良い経験になりました。
サポートは、
Bs.カイドーユタカさん
Ds.Abbeyさん

お付き合いありがとうございました。

帯広での4日間

帯広へ行きました。昨年夏、今年の2月に続き三度目です。
夏を涼しい北海道で過ごそうなんて、もう昔の話?東京と同じく34°Cの灼熱の地獄。かえって日焼けしてきたような。
朝の連続ドラマ"なつぞら"の前半は、十勝地方が舞台になっていたこともあり、より親近感を持って帯広へ向かいました。
至る所でスピッツによる"なつぞら"のテーマソング、優しいあの子が流れていました。 8月2日、帯広唯一のジャズライブハウスBb Maj7で、佐々木源市トリオに、vocalサポートをしていただきました。
ピアノの久米田義行さんは、札幌の近くの岩見沢からはるばる3.4時間かけて来ていただきましたし、ドラムの谷尾光治さんは、日頃は、音響オペレーターとしてお忙しくされている方。ベースの佐々木源市さんは、帯広に、ジャズを根付かす活動を長年続けて来られ、BbMaj7は、今年で15年を迎えるそうです。
事前に少しやりとりはあったものの、 初めてのプレーヤーとライブが成立するのは、ジャズという音楽の醍醐味でもあります。
テンポやリズムフィールを簡単にリハーサルしたのち、いつものように2ステージの演奏をしました。
20人くらいのお客様が熱心に楽しんでくださり、ジャズを続けてきた喜びを改めて感じました。
8月4日は、昨年も演奏させていただいた、六花亭のはまなしホールで、
学生時代からの友人久富もと子と"Akiko&Motokoジョイントライブ"第ニ回めを行いました。
はまなしホールはとても落ち着いた良い響きのするホールで、こちらは、弾き語り、歌の伴奏を ドラマーの金 隆義さんにサポートしていただきました。
こちらも事前に打ち合わせていたものの、二日前の音合わせが初めてで、しかも甘いマスクの金さんは、ロックドラマーということで(お互い)緊張しましたが、演奏はとても和やかて楽しく進行しました。
友人のもと子とさんは、教員をしながら、ずっとクラシック声楽家の道を歩んで来た人で、二人のコントラストもあって、演奏会としては盛会でした。
長く演奏をしてきて、喜びの多い2回の貴重な演奏会をさせていただき、BbMaj7の佐々木源市さん、友人のもと子さん、サポートしてくださった方々、観客の皆様、心からお礼を申し上げます。
美味しいものは色々ありました。海の幸、六花亭のアイスクリーム、あとは帯広名物 、豚丼、ますやさんのパン
来年もまたおじゃましますね!


Akiko Tsujimoto

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 8月15日
    akiko
  • 8月15日
    宇都宮より
  • "Songs of George Gershwin & Cole Porter"
    Akiko
  • "Songs of George Gershwin & Cole Porter"
    長崎より
  • レコーディングしました〜!
    akiko
  • レコーディングしました〜!
    motoko
  • リズムワークショップ
    akiko
  • リズムワークショップ
    Mitsuko
  • 芝居&打心蕎庵
    akiko
  • 芝居&打心蕎庵
    motoko

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM